【有難う】予定より早く出張から帰ると嫁が間男と真っ最中。ブチ切れて離婚→義父『娘がすまなかった…私にできることはないか』俺「じゃあ××してくれますか?」

結婚2年目、俺27歳、嫁28歳の時。 出張の予定が繰り上がって予定前日の深夜に帰宅。 見知らぬ車が駐車場に。 家に入ると嫁と間男が行為の真っ最中。 よく覚えてないけど怒鳴りまくって 俺は家を出てホテルへ。 携帯鳴るけど電源落として無視。 最初から離婚を決心。 早朝出社して出張報告をまとめ、 出勤してきた上司に即事情を話し、 その日と翌日は有休貰う。 その足でそのまま弁護士へ。 弁護士同伴で家へ戻る。 玄関を開けると涙目の嫁がいきなり笑顔。 第一声が「よかった、返ってこないかと思った。」 しかし俺が弁護士を連れている事に気が付いたら、 みるみる血の気が引いてた。 家には義父義母が来ていて三人で トライアングル土下座。 蹴り殺したいなあと思ったのは覚えている。 義父が「どうか離婚だけは」と言ってるけど、 そんなの無理ですよ。 とりあえずその日に嫁は実家に帰って貰った。 帰り際に義父が「私に出来る事はないか」と言われて 「娘さんを殺してジサツして欲しい」と 即答したのだけはよく覚えてる。 その日のうちに自分の荷物を全部纏めて、 引っ越し屋を手配。次の休みに搬出決定。 とりあえず不倫発見現場に居たくないから自分も実家へ。 実家に戻り両親に報告。 両親は「何もかも弁護士通しなさいね」とだけ。 腫れ物を触るように扱われたけど、 あまり問い詰められなかったのがその時は救いだった。 あとは双方弁護士通してのやり取りになった。 間男は嫁の元同僚というのも弁護士から聞いた。 その後嫁と会ったのは5回も無かった。 最後に会ったのは家を引き払うときの 家具の処分の時だけ 自分と両親と義父と嫁が会合した。 まだ離婚前で、 「一度放れて気持ちを落ち着けて考えたい」の 一点張りで通した。 その後めでたく離婚が成立した。 もう離婚して3年半経つ。 今日突然、元義父から会社に連絡があって、 元嫁が死んだと。 多分ジサツ。何があったか知らんが、 ずっと無縁だった俺とは直接関係ないだろう。 上司や同僚がえらい心配して帰るように言うんで 仕方なく有休とって帰宅。 でも別にもう他人だからどうでもいいな、 と思ってランチ食べてきた。 ランチ食べてる最中に母親から電話が来た。 実家にも連絡があったらしい。 通夜か葬式に出るかのと聞かれたけど、 … Read more

結婚式の2次会で私がトイレ中に友人がナンパされていた。男1『ねぇねぇ、連れのブスの子抜きで飲みに行こうよ~』私「…えっ」 → トイレに引き返そうとしたその時・・・

私には大学時代に仲のよかった友人が5人組がいる。 ゼミやサークルは違ったので 、中高生のようにいつも一緒☆ という訳ではないけれど、 一緒に旅行したり卒業しても集まったり 自然といつも仲がいい5人でした。 中でも、地元が近いAやBとは 就職してもよく会っていた。 AもBも頭がよく、育ちもよく、美人。 入学してすぐ「A派かB派か」という 論争が巻き起こるくらい。 Aは就職して三年ほどで寿退社、 Bは今も地元のインフラ会社で働いている。 おせじにも美人とはいえず、 彼氏いない歴=年齢の私にはもったいないくらいの 友達です。 就職して5年ほどたった頃、 5人組の内のCが結婚することになった。 それぞれ中堅社員として活躍しており、 なかなか集まれていなかったので、これはめでたい! と全員集結。 Cの幸せを全力でお祝いし、 みんなで久々に楽しい時間を過ごした。 そして、問題の二次会。 友人Dは都合で不参加でしたが、A、B、私は参加。 美人で人当たりのいいAとBの周りには、 やはり人だかりができました。 (Aは人妻だったけれど、 わきまえている楽しみ方をしていました。) 男性陣のあからさまな態度に、 喪女をこじらせていた私はちょっと辛くなり 「お手洗いに行ってくるね」と離席。 この時点で帰ればよかったのですが、 結婚式は東京開催。 私達は九州から遠征して、参加していました。 なので勝手に帰る訳にもいかず…。 二次会は小さいけれどお洒落なレストランで お手洗いは少し隠れた作りになっていました。 私が少し長いトイレタイム(笑)を過ごして、 席に戻ろうとすると 男性陣の話し声が聞こえてきました。 男1「ねぇねぇ、さっきの連れの子さぁどうにかならない?」 A「え?(私)のこと?どうにかって何?」 男2「正直さぁ?ちょっとお顔が…アレじゃん? 俺たちAちゃんとBちゃんと四人で飲みに行きたいなって」 男1「東京なんか中々これないでしょ? よくいくバーで飲みなおそうよ。夜景ヤバいよ?」 ショックでしたが、28年ほど喪女を拗らせていた私は なんだか腹もたたず、笑ってしまいそうでした。 「あー、ここでもか。私ってなんだろ。情けないなぁ」 と、トイレに引き換えそうとした、その時でした。 Aの聞いたことのないトゲトゲしい声が聞こえました。 A「は?ふざけんなよ。(私)は私の大事な友達なんだけど。 馬鹿にしないでくれる?」 B「そうだよ。自分達、何様のつもりなの?気分悪い。」 … Read more

【修羅場】姉は養子だったため待遇に差があった。ある時あまりに酷いと感じたので母に苦言を呈した。すると驚愕の事実を知ることになった・・・

うちは両親と兄、姉、私の五人家族、そのうち姉は養子で、こんなこと言うと 非難されるかもしれないが、母親主導だった為その分ちょっと待遇に差がついてた 姉の産みの親は母の妹 シングルの叔母が若くして亡くなり、当時8歳の姉が家に引き取られたんだけど、 母の親戚筋なのに母が冷たく、これが実子と養子の差か?と居た堪れない気持ちで育った ある時、ホールケーキが食卓に出たんだけど、姉だけそのホールから 切り取られたものじゃなくてじゃなくて、別の一応豪華なショートケーキ 流石に目に余って兄が 「ショートケーキがおいしそうだから、姉が良ければ交換したい」 って申し出たんだけど、姉はうつむいて何も言わない。私も母に 「これはちょっと酷い」 って責めるように言ってしまったら、普段は姉に優しいが 特別母から庇うようなこともしない父が、母を庇った その内容を要約すると 「姉は父と叔母との不幸な過ちで生まれた子供だから、母さんもうまく 接することができない、いっぱいいっぱいなんだよ。責めないでくれ。 同じように母も傷ついてる。」 って庇う庇うw つまり姉、父の実子だったのね、 言い方は悪いけど分かりやすく言えば不倫の末の隠し子 今から思えば元凶のお前が何言ってんだって話だけど、それに切れたのは母だった 「折角私が限界ギリギリで頑張ってきたのにどうしてぶち壊すようなことを言うのか」 って、近くの物を手当たり次第に投げながら泣き叫び続けてもう大変だった そのあと父を家から追い出して 台所で一人わんわん泣いてる母を遠巻きに見てたら姉が一人果敢にも近づいて、 「ごめんね、いないほうがよかったよね」 そしたら 「ごめんね」 って母も泣きながら何度も謝ってた。以外にも 「あなたは悪くない、大人が悪いの。うまくできなくてごめんね」 って慰め出して、恨み一辺倒じゃないんだと複雑な母親の心境を知った どんだけ子供にばれないように抱えてたんだろうって思ったら申し訳なかったわ 母と父はそれからすぐ離婚した、 姉の親権も母が手放さなかった、姉もそれを希望した あれ以来母と姉のわだかまりは少しづつだけど解消されて、 父というストレス源がなくなったせいか、もうおかしな態度をとることはなかった 兄も姉もバイト三昧だったり(自分は家事担当) 奨学金のために人よりずっと切実に勉強したりで、貧乏で大変だったけど、 裕福な(それほどでもないけどw)息のつまる生活よりはずっと幸せだったわ 「愛のコメント」 お互いに辛かったんでしょうね。

私「何て゛妹とお風呂入ってるの?」彼「違う!違うんだよ!なにもしてないよ!」妹「お願いします!誰にも言わないで!一人じゃ寂しくて、つい・・・」

つきあって4年目、私26歳、彼29歳。 結婚の約束もし、お互いの両親にも紹介済み。 私はスケジュールが非常に不規則な仕事で、土日出勤は普通、休みは不定期、 という感じだったので一般的なサラリーマンの彼とは平日の夜に会うか、 私が休みの日に彼の部屋に泊まる、というのが日常でした。 先月のことです。 4日間泊まりの仕事があって海外にいたのですが、ちょっとしたトラブルが 渡航先であり、帰りが一日繰り上がることに。 帰りに、事前に何も言わずに彼の部屋に寄ることにしました。 なぜそんな行動に出たかというと、2ヶ月前に同じように 私が1週間仕事で海外に出ていたとき、私の友達が彼と女が 歩いていたのを見た、という話を聞いたからでした。 2ヶ月間様子を見ていましたが、別に変わったところはない・・・。 でも、普段からそんなに一緒にいるわけではないので、 やはりなにかするとしたら自分がいないときだろうと思っていました。 その日は土曜日で、彼の部屋についたのは夜の11時半くらい。 車があるので家にいるっぽい。 彼の部屋に着くと、そ~っと玄関の鍵を開けました。 すると、やはり女物のパンプスが・・・・゚・(つД`)・゚・ 中を覗くと部屋には誰もいませんでした。 おかしいな・・・と思ってると、バスルームから女の笑い声が。 バスルームに行くと脱衣所に上肌着やストッキング、2人分の洋服などが 散らばっていて、脱がし合いしながらお風呂に入ったんだなという感じでした。 私は、あまりの怒りとショックで逆に冷静になってしまい、 この時点で別れを決め、後はどうしてやろうかと1分くらい考えました。 中でイチャついてる2人はまったく私に気づいていない風だったので とりあえず、考えながら脱衣所に脱いであった肌着類や女の服、 玄関の靴を生ごみと一緒にまとめました。 デジカメを用意し、バスルームのドアを一気に開け、 「うわっ、なんだよ!」 「誰?なに?なに?」 などとパニクってる2人を何枚か写真に撮りました。 女の顔を見て、私は驚愕しました。 なんと彼と一緒にお風呂で抱き合っていたのは、彼の妹(24歳)だったからです。 素っ裸で出てきて 「違う!違うんだよ!なにもしてないよ!」 という彼。 同じく裸にタオル一枚で追いかけてきて 「お願いします!誰にも言わないで!」 と泣く妹。 妹は否定しないのね・・・。 私「なにが違うの?気持ち悪い。妹とお風呂入るような年齢じゃないでしょ」 彼「変な関係じゃないんだよ、本当だよ」 私「十分変な関係でしょ!?妹とこの歳で裸でイチャつくなんて 冗談じゃない。もう顔も見たくない」 妹「ごめんなさい!私が悪いんです!いつも甘えてばかりいて、 今日も一人じゃ寂しくて、つい・・・」 私「ついなんなの?じゃあ聞くけど、アンタは自分の彼氏が 妹とお風呂に入ってて許せんの?しかもわざわざ私がいない日を狙って 来てるって事はバレたらマズイって思ってるんでしょ? それ以上のことヤってるんでしょ!?」 彼「本当に違うんだよ、わかってくれよ、勘違いだって」 私「なにをわかれって言うの!?正気じゃないよこんなの。頭おかしいんじゃないの? やましくないって言うんなら、自分の親の前でこの話ができんの!?」 親、の一言を出した途端、2人の顔色が変わりました。 … Read more

男「私子(新婦)、こんな結婚はやめろ!」→私(誰?この人)→姑『このインラン女!慰謝料とって離婚だ!』

私の披露宴のとき いきなり男の人(面識なし)が 「私子!こんな結婚はやめろ!俺と一緒に行こう!!!」と絶叫 私→だれー?!! 他の人→ぽっかーん 二股かけてたとかなんとかいろいろ邪推されて破談寸前まで行きましたよ 結果新郎友人のサプライズだったわけですが 新郎側の責任と分かった瞬間、それまでインラン女!慰謝料貰って離婚よ!と 鬼の首を取ったように勝ち誇っていた姑がしょぼん それまで散々罵られていた実母が、ほーら程度の低い友人を持った新郎なのよ、新郎家のお里も知れるわ、慰謝料貰って離婚よ になったのも苦い思い出。新郎には友人と縁を切らせました 嫌がらせにもほどがある!! 「愛のコメント」 冗談にも程がありますよね。ひどいわ。

不倫で妊娠しちゃった… 彼から慰謝料として給料保障で24万、手術代12万、相手の気持ち10万もらいました。ちょっと少ないな~

只今、妊娠⑩週です。 13日に堕胎手術受けます 今、慰謝料もらった・・ この2ヵ月っゎりと貧血で行けなかった仕事の給料保障で24万→手術代12万→相手のキモチのぉ金10万。 少なぃかな(´・ω・`) 76: 名無しさんといつまでも一緒:2011/07/11(火) 15:33:40 ID:0 多すぎ 77: 名無しさんといつまでも一緒:2011/07/11(火) 15:34:30 ID:O 貰えただけ良いじゃん 78: 75:2011/07/11(火) 15:43:59 ID:O ちょっとキモチのぉ金が少なかったかな(´・ω・`) まぁー貰えただけよかったよ。 手術代だけぢゃ納得いかないからね。 79: 名無しさんといつまでも一緒:2011/07/11(火) 16:25:28 ID:O 不倫で堕胎 妥当な金額はいくら? 普通の恋人同士は、 10人中8人ぐらいは手術代のみ。 これが不倫だとやはり額は高いのか? 80: 名無しさんといつまでも一緒:2011/07/11(火) 16:28:06 ID:0 不倫でも普通は手術台のみだよ ずうずうしい 81: 名無しさんといつまでも一緒:2011/07/11(火) 16:35:18 ID:O っーか 慰謝料も払えないなら女作る資格ないよ 82: 名無しさんといつまでも一緒:2011/07/11(火) 16:43:14 ID:O 妊娠したのには自分も落ち度アリなのに、75って貰いすぎの感あり。相手も相当悪質なのに関わったって感じだね~ 83: 名無しさんといつまでも一緒:2011/07/11(火) 16:50:57 ID:O 堕胎費用だけでしょ。普通…。 84: 名無しさんといつまでも一緒:2011/07/11(火) … Read more

「成功することは難しいことではない 」(斎藤一人さんシリーズ-188)

「苦労すること」、「得意じゃないこと」は、 今すぐやめよう。やめていいんだよ。 成功することは、難しいことのように思って いる人が多いけど、そんなことはないんだよ。 「苦労すること」と「得意じゃないこと」を やめたとき、成功へのエンジンがぐんぐん かかっていくんです。 成功した人の話を聞いてごらん。本当は 「好きなこと」か「得意なこと」で、うまく いっているの。 苦労すること、得意でないことは、今すぐやめる。 これが成功に近づくコツだよ。 斎藤一人

189.「働けることに感謝して笑顔で働く 」(斎藤一人さんシリーズ-189)

元気なら働ける。 こんなにいいことはないよ。 「働くのが嫌だから、早く定年が来てほしい」 と思う人もいるかもしれません。 でも、今、こうして元気で働けることは、 実は素晴らしいことなのです。 健康で、人の役に立って、誰の世話にも ならず、お金を稼いで生活する。そして、 休みには旅行に出かける。 このような普通に思える日常は、実は 幸せに満ちたものなのです。 仕事がなくて、毎日何もすることのない 虚しさや怖さは、歳をとらないとわからない のかもしれません。 だから、毎日、働けることに感謝する。 そして笑顔で働く。元気ならば、それを 続けていきましょう。 斎藤一人

仕事の出来るMさんが2日連続で無断欠勤した。同僚と様子を見に行くと、Mさんは驚愕の状況の中にいた・・・

去年の夏の事。会社の先輩のMさんが来なかった。 しかし何の連絡も無し。Mさんは仕事の出来る人で、無断欠勤するような人じゃ無い。 事故か急病かもしれないとこちらから連絡したけど、携帯も自宅の電話にも出ない。 ついにその日は出勤して来なかった。 次の日になってもMさんは来ず、連絡も付かない。 一人暮らしだから、もしかしたら何か大変な事になってるんじゃないかと 心配になり、家が近い人間が見に行く事になった。 ところが誰もMさんの家に行った事が無い。 そこで住所を調べて、一番近かった私とMさんの同期のAさんが行った。 Mさんのアパートに行き、インターホンを押してみたが出ない。 しばらく粘ったが、何の返事も無い。 流石に不安になり、これは警察に言った方がいいかも・・・と Aさんと話していると、微かにうめき声が聞こえてきた。 Mさんの声だ!2人でドアをバンバン叩いて呼ぶと、消え入りそうな声で返事が返ってきた。 「助けて・・・痛い、動けない・・・」 慌てて私は管理人室へ走り、Aさんは119番へ通報した。 管理人さんをせかして鍵を開け・・・全員飛びのいた。 ドサドサッと音を立てて、何かが雪崩落ちてきた。 それはぱんぱんに膨れたゴミ袋の山だった・・・。 呆然と立ち尽くす私たち。 そこへ 「助けてえ・・・苦しい・・・」 とMさんの泣き声が。 部屋を覗き込むと、そこはゴミ、ゴミ、ゴミの山。 本当に天井まで埋め尽くすほどのゴミ。 確かにMさんはいるんだけど、ゴミに埋もれて見えない。 いやもう、ゴミしか見えない。 そのゴミの上をザラザラ走り回るゴキブリ。 半泣きになって三人でゴミをどけても、とにかく玄関を突破出来ない。 結局駆けつけた救急隊員の人の手も借り、 Mさんが救出されたのは1時間近く過ぎてからだった・・・。 Mさんの住んでる所はゴミの分別がややこしく、 仕事が忙しくて放っておいた結果、いつしか家はゴミ屋敷に。 それでもほったらかしていた所、ついにゴミの要塞が崩れて下敷きになってしまったとか。 そのまま動くに動けずほぼ2日を過ごしたMさんは、 あばら骨のひびと打撲、脱水症状で、そのまま入院するはめに。 そしてゴミの臭いと部屋の惨状に、次の日私とAさんも寝込む事に・・・。 詳しく思い出すと今でも気分が悪くなるので書かないけど、 片付けの立会いにいくはめになった上司曰く、 「窓が・・・ゴキブリで見えんかった・・・」 勿論次の日は寝込みました。 そういえば妙に香水がきついとか、 毎日ロッカーにファブリーズ掛けてたりとか、何か変わっているとは 思っていたけど、これは考え付かなかった。 幸いMさんの怪我は軽く、ゴミ部屋も専門の業者の方に片付けてもらえたとか。 1週間もしない内に元気に出勤してきて、開口一番。 「あんな便利なとこあるなら、もっと早く頼めばよかった!」 今日もMさんは元気に出勤してきます。 そして部屋はまだ壁が見えてるくらい綺麗・・・だとか。 だけどもし同じようなことがあっても、私は絶対行かないが。 「愛のコメント」 ひどい話ですね。ゴミ屋敷でしたか。